ワキ脱毛の浸透と拡散について

初めて脱毛サロンに通うことを心に誓った私は、まずはワキ脱毛から受けてみようと思いました。ワキ脱毛をメインにしている脱毛サロンをチェックしていると、100%と言っていいほど出てくるところがありました。日本中でどこよりも多くの店舗を抱えていて、ユーザー数も業界ナンバーワンのミュゼプラチナムです。エピレの初心者のために設けられたコースはファーストプランという呼称で、1人が一生でわずか1回しか利用できないレアなプランです。確か全部で5種類あったと思いますが、その詳細を調べていると両ワキ以外のパーツの脱毛にも興味が傾いていきそうなほど素敵で、決定事項が覆ってしまいそうです。一方のエピレのファーストプランでも、「両ワキ」と「両ワキ+Vライン」の2つのプランが用意されていますが、どっちも金額設定は同じです。このような事実に遭遇すると、「両ワキ」限定に固執するのが下らなかったとさえ思えてきます。どこのサイトを見てもワキ脱毛ならミュゼプラチナムがイチオシとしていますが、比較対象になる脱毛サロンはないのかということも心に引っ掛かります。ミュゼプラチナムに負けないくらいのワキ脱毛がおすすめなのは、エステのTBCを親をに持つエピレがあるという事実を知りました。それならば実際に、ミュゼプラチナムとエピレのどっちで「両ワキ+Vライン」の脱毛を契約するのか。値段だけ見れば十中八九ミュゼプラチナムに即決したい衝動にかられますが、今よりも掘り下げて色んな事を調べたいと思いました。その時そこで参考になったのが、エピレとミュゼプラチナムの違いを比較したこちらのサイトです。ミュゼプラチナムでは一番人気の脱毛プランは「両ワキ」と「Vライン」がセットになったコースです。契約期間も脱毛回数も設けられていなくて追加料金も全然必要ないそうです。しかも料金はわずかに100円で、「両ワキ」1部位だけだと3
600円もします。割引が適用されるweb予約をしても2
600円と金額の差は比較の対象にすらなりません。当初の決断とはちょっとだけ違う方に進みますが、これも下調べを一生懸命にした成果だと前向きに捉えます。どうせすぐに始めるんだったら、オトクなプランが利用可能な今同時にやっておくべきだと判断するのはいたって普通のことです。エピレとミュゼプラチナムを並べて見ていくと全体の店舗数も少なく、素直に話すと知らない人はいないような脱毛サロンと言うほどではないかもしれません。とはいうもののエピレでは、私のような脱毛初心者がとっつきやすい専用の体験コース的なプランが準備されていて、とっても親切だなと思います。でも脱毛サロンとの契約が初めての私はこの真相を知ったことで新しいハードルに出くわします。Vラインの脱毛に対して正直すごく恥ずかしいです。でも本当にVラインもワキと同様に自己処理が欠かせません。勝負下着やトレンドの水着から収まりきらない状況はなんとかしたいとも思います。そうは言っても今回は完全にワキ脱毛に限定してからの脱毛サロン選びです。揺れる気持ちをグッと堪えながら下調べを進めていきます。ワキ脱毛のプランをチェックしていくうちに、思ってもみなかった事に出くわしてしまいました。それは、「ワキ脱毛単体だけだと損?」ということです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ