インプラントの耐久力が気になりますが、包み隠さずに言

インプラントの耐久力が気になりますが、包み隠さずに言えば知っている人はどこにもいません。
インプラント治療はまだ歴史が浅いので、証明できるほどのデータが得られていないのです。一番必要としているのが高齢者ということもありますが、インプラントは死ぬまでその役割を全うしているようです。専門家によれば、インプラントの寿命は40年から50年は問題ないとも言われています。
高血圧・糖尿病・心臓疾患・呼吸器疾患などをお持ちの方は、インプラント手術ができない場合が多いようです。
どうしてもインプラントを希望されるのなら、かかりつけのお医者さんとよく相談してから決める方が賢明です。
インプラントにしたい妊婦の方は、子供が生まれてから落ち着いてからにしましょう。インプラント治療を受ける際に気がかりなのが痛みに関することです。金属のねじを歯茎の下の顎の骨に埋め込むわけですから、とんでもない痛みをイメージしがちです。
でも現実には、麻酔が充分に効果を発揮していますので、せいぜい抜歯と同じくらいの痛みしかありません。
親知らずを抜くぐらいの痛みしかないんです。インプラント治療に、年齢制限の上限はありません。
下限は骨の成長が止まる20歳前後から受けることができます。
70歳を超えた高齢者もインプラント手術を受けた方はいらっしゃいます。
ただ、年齢的には問題はなくても持病によっては受けられない場合もあります。インプラント治療とは、なくした歯を取り戻すことにあります。
歯医者さんはコンビニの数よりも多いですが、インプラントに力を入れている歯科医院は全体の約2割ほどしかありません。その限られた中から確かな技術のある歯医者さんを探すことが大事です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ