忘れてはいけないこととして、

忘れてはいけないこととして、インプラント治療の費用を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。
今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。
まずは歯科医に全て話しておきましょう。
インプラント治療も医療行為ですが、保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして医療費を収入から引くサービスを受けられます。
医療費控除を受けようとすれば医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。インプラント治療の費用の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。
従って、年間1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療の費用では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが優位に立ちます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。
どんな完璧なインプラント治療の費用でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。不断のケアが求められます。毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療の費用を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療の費用は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。
インプラント治療の費用に保険が適用されることはまずありません。全額自費を覚悟しましょう。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院が必要になることもあるので、注意してください。このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。
埋入手術後はどの患者さんも多少の違和感があるといいます。
腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ