失った歯だけの治療で済ませたい

インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはやはりインプラント適用が一番でしょう。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの定着がみられなかった場合、再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするということにはなりません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。よくいわれるインプラントのメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人はめったにありません。
一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるのでインプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。費用や期間より、見た目重視の方にとっておすすめしたい治療法です。
インプラント 値段

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ