ご存じの通り、インプラント治療の

ご存じの通り、インプラント治療の費用はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。
確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるといわれています。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。
こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。
インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。
こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。
麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。
健康保険が適用されるインプラント治療の費用はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。
経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が一番良いでしょう。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院することはめったにありません。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探すことが必要です。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療の費用は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが良いと言えます。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療の費用も終わります。
それからも定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。
普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診を受けるように言われます。メンテナンスの費用は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ