現状では、インプラント治療の費用ができる歯科医院

現状では、インプラント治療の費用ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療の費用は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療の費用も終わります。
それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。定期検診にかかるお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいてください。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
その全額が自費になるのが普通です。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安なく進めていけるでしょう。
インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
ご存じの通り、インプラント治療の費用は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
いわゆるインプラント治療の費用では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
審美性を考えた場合、ほとんどの場合、インプラントが優位に立ちます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛さもあるのです。長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、その原因を究明し、対応することが求められます。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨など自家骨の移植手術であれば入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。もし、インプラント治療の費用前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくのがとても大事です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ