残念ながら、インプラント治療

残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
しかし、医療費控除の対象ではあります。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。
医療費控除を受けようとすれば治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療の費用は終わりですが、歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので異常がなくても維持費は必要になります。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円くらいと考えてください。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば以前なら、インプラント治療の費用は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。
糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、ほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
せっかく完了したインプラント治療の費用も治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールは欠かせませんし、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。
どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。ほとんどのインプラント治療の費用は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療の費用は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。
インプラント治療の費用を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。
ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ