インプラントは人工歯なので永久

インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。
放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。保険適用のケースはほとんどなく、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。
治療が終わっても、ずっと定期検診がある点も知っておく必要があります。
インプラント治療は、まず何が大切かというと、歯科医と、歯科医院の決め方です。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
それにとどまらず、必要な費用についてきちんと話してくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。
「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
入れ歯で食べることに抵抗がある、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラントは最適です。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
義歯でも、見た目や使用感を重視する方には最適です。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのがほとんどです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することに努めましょう。
インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は無視できないものがあります。
インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくというのもありえます。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、すぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れるのが成就への第一歩です。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、極力安静を保って生活するよう気をつけてください。
普段よりも静かに過ごすようにして明らかに負荷がかかるレベルの運動はしばらくの間は控えましょう。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。
基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
費用面で、治療を躊躇する方もかなりいるようです。
クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名称で信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯科医院が多くなりました。
全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ